英語

2019年9月19日 (木)

英語で迷ったらすぐにチェックすべきこと

3f21d138fc404c2480aeab9a9ce9abec

英語の問題を見て、頭の中に「???」が浮かんだとき。

今日の中学生の授業でもそんなことがありました。

 

そんなときは、見るべき場所があるんです。

それが、「主語」と「動詞」です。

 

まずは「主語」(〜は、〜が)を探して色ペンで線を引きましょう。

当塾ではいつもピンクに決めています。

次に「動詞」(〜です、〜する)に色ペンで線を引きましょう。

こちらはいつも黄色にしています。

色はなんでも構いません。好きな色で大丈夫。

でも、毎回同じ色の方がわかりやすいです。

 

そうすると見えてくることがあります。

 

日本語の場合は、

最初に「主語」最後に「動詞」

(色分けすると、ピンクで始まって最後が黄色)

 

英語の場合は

最初に「主語」次に「動詞」

(色分けすると、ピンク、黄色の順番)

 

英語に直しなさい、という問題であれば、

日本語の主語を最初に英語で書いて、次に動詞を英語で書けば、だいたいおおまかな組み立てが完了です。

 

英語が苦手な人ほど、色分けがおすすめです。

見てすぐに分かるのがポイント。

 

英語が得意な人は自然にしていること。

苦手な人は知らないこと。

それが主語と動詞のチェックです。

 

今日の授業では、

色分けして少しカッコをつけたら(これは別のわかりやすくするテクニックですが‥)

すぐに英文の意味が理解できたようでした。

 

当塾では色ペンが大活躍。

たとえ間違えてもすぐに消せるので、フリクションを使っています。

1c7b559714554bdf8d8a8755f2ea408e