« 今週末の入試説明会 | トップページ | 熊出没、塾の授業について »

2019年10月 9日 (水)

小学生から学ぶこと

8a45027fb74249dba2f26588d0050c98

小学生は、こう思っています。

「学校の宿題は毎日あるもの」

 

漢字も4年生ぐらいから難しくなってくるけど、

だいたい書ける。

 

それは漢字ドリルを毎日やっているから。

 

6年生の漢字なんて、大人でもいきなりは書けない字、たくさんありますよ。

現役の小学生が一番漢字が書けるんじゃないかって思うほどです。

 

本人たちは「すごい」なんて思っていない。

当たり前だから。

宿題をするのが習慣になっているのである。

 

その道を極めた有名人の方々もこう言います。

「特別なことなんてしていない。毎日かかさず続けてきただけだ」と。

 

毎日、たとえ10分でも難しい。

10分ではない。毎日が難しいのである。

 

そんなプロの極地にいるのが小学生でないのか、

と、ふと思うことがあります。

 

A98b423e2dd04382ad354c88465541ad

習慣の力はすごい。

3週間続けたら、それは習慣になるそうです。

やって当たり前になるには3週間。

 

小学生のみなさん、やっぱりあなたたちはすごい!

 

 

« 今週末の入試説明会 | トップページ | 熊出没、塾の授業について »

塾長のつぶやき」カテゴリの記事